注文住宅を購入するなら

注文住宅を購入する前に見ておきましょう

このサイトでは注文住宅を購入する際に何に気を使うべきなのかを解説していきます。
注文受託を立てるときには、やはりどの様な間取りにするか等の家のデザインの部分に目が行きます。
もちろんせっかく建てる特注の自宅ですので、こうしたことに拘ることは楽しみの一つです。
ですが、実際に不動産の価値を決める際には土地の部分が大きく影響してくることが多いです。
楽しいだけでなく、資産運用という視点で考えることも住宅建設では大切なことになります。

注文住宅の坪単価

注文住宅の坪単価 注文住宅という名前を聞けば、誰もが建物の購入をイメージすることでしょう。
ですが実際には建物以外にも同時に土地を購入するケースが非常に多いです。
ですので、価格を見るときには建物だけでなく、土地の価値も計算に入れる事が大切です。
坪単価いくらで表示されている時には、その注文住宅の土地がどれ程の価値があるかを冷静に考えなければなりません。
建物は長い年月が経てば劣化してきて、次第に価値が低下していきますが、土地はそうだとは限りません。
需要が高くなれば、逆に価値が上がることもありますし、逆に人口減少の影響等で急激に価値が低下するリスクもありえます。
ですので、注文住宅を購入するときには建物以上に土地に気を使ったほうが良いです。

都心で購入する注文住宅の価格の目安について

都心で購入する注文住宅の価格の目安について 都心で注文住宅の購入を検討する時、気になるのはその価格で、いくら用意する必要があるかではないでしょうか。
土地の購入費用や坪数も関係してきますが、平均的な坪数を購入するにしても、注文住宅を建てる前に数千万円の予算は必要です。
更に建物を建てるとなると、その分が費用に追加されますが、建物自体は思いの外都心部とそれ以外でもあまり変わらない傾向です。
というのも、住宅は注文住宅に限らず、建物の価格が予算に大きく影響する傾向ですから、土地代が算出できれば後は作る家の大きさや方向性で大まかな価格が決まります。
都心で注文住宅を建てる場合は、平均すると大体4千万円以上の予算は必要なので、この金額と土地代が総額となります。
注文住宅はいくらでも付加価値がつけられるので、あれこれ加える方向で設計を行うと、簡単に5千万円にも1億円にも到達します。
ただ、平均的には4千万円くらいですから、標準的な家を建てるならこの費用で済むことを意味します。
土地と合計すると約6千万円になるので、これが購入を検討する際の目安です。
目安が分かった結果、必要な予算の最低ラインも明確になったので、後は坪数を決めたり住宅の設備や設計で費用の都合をつけることになります。

注文住宅でマイホームを建築するなら、基礎工事にもこだわりたい。

注文住宅は、建築資材や衛生機器など必要最低限の仕様で可能な限り販売価格を低価格にしたい建売住宅とは異なり、今後発生すると予想されている5連動南海トラフ大地震にも耐え得る強硬な基礎を施工する事も可能です。
注文住宅の基礎工事は、直接基礎と杭基礎があり、直接基礎にはベタや布、独立フーチングなどがあります。布は、一般的に地耐力が30KN/m2以上の地盤の使用される施工方法であり、大手プレハブメーカーで標準仕様となっています。
布は、立ち上がり部分だけに割栗石とステコンを打ち、その上だけに鉄筋を組み床一面に防湿シートと抑えのコンクリートを打ちます。
ベタは、床一面に敷かれた割栗石と捨てコンの上に防湿シートを敷き詰めて床一面に鉄筋を組み上げ、150mm以上の底板となるコンクリートを打ちます。
その為、ベタは、地震の揺れで土台の形が変形する事なく耐震性が高いとされ、東日本大震災の地盤沈下の際にも底板ごと沈み倒壊する事がなかったとされています。

注文住宅の基礎は高さを意識してからデザインを決める

デザインを細部まで指定できる注文住宅は、基礎の高さや構造まで含めて自由に選べるところが魅力です。床下に湿気が溜まることでカビや害虫が発生しないか心配な時には、床下を高くして床下換気扇を設置できるスペースを作りたいといった注文も出せます。
シロアリなどの害虫が発生しにくい構造にすることで、住宅の寿命を延ばしたい方々にも最適です。地震による揺れの影響の受けやすさにも関係するので、基礎の作り方は専門家の意見を聞きながら決めなければいけません。
床を高くすることで湿気に対処しやすくなるだけでなく、浸水などの被害にも強くなるのが魅力です。どれぐらいの高さに床を調整すればいいのか分からない時にも、注文住宅を手掛けるメーカーのスタッフは助けてくれます。
住宅の近くにある水路の状態に合わせて、これだけ床を高くすれば浸水などの被害を防げる可能性があるといったシミュレーションを行ってもらえるのも、注文住宅が評価されている点です。

注文住宅を支える土台をつくる基礎工事とは

注文住宅の施工に取り掛かると、決められた工程に沿って工事が進められていきます。一番初めに行うのが基礎工事で、コンクリートで家の土台作りを行います。ベタ基礎や布基礎といった種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。
多くの日本の家づくりで採用されていベタ基礎の大まかな工程は、土台を作る前に地縄張りや遣り方工事、根切りや砕石敷きといった地盤の工事が行われます。
地面に捨てコンクリートを流し、基礎の強度を高めるために鉄筋を組み立て、コンクリートを流し入れる型枠を設置し、アンカーボルトを取り付けてコンクリート打設を行います。数日空けて養生をしたら、型枠を外し仕上げを行います。
注文住宅の土台をつくる基礎工事は、建物全体の仕上がりを左右する重要な工程です。工程が同じであったとしても、職人さんの腕によって仕上がりが変わってくることも。丁寧な作業を行ってくれるような、信頼できる職人さんに依頼したいものです。

注文住宅の完成を意味する引き渡しで喜ぶ前にするべきこと

注文住宅は工事が終わった時ではなく、引き渡しを受けたることによって完成と言える状態になります。引き渡しを受ける際には、悲願の住宅の完成を認める行為だということを自覚して対応しなければいけません。
工事期間だけでも数か月で、構想から含めれば数年に及ぶという人も少なく無いのが注文住宅です。それを考えれば、長年の悲願が実現する行為となる引き渡しは、こみあげてくるものが有っても不思議ではない状況になります。
しかし、ただただ喜んでいればいいというわけではなく、気を引き締めて最後の締めくくりの作業を行うことが大切です。
引き渡しの際には、細部にわたるまで注文通りに仕上がっているのかを冷静に確認する必要があります。扉の開閉のチェックや設備が正常に機能するかどうかの確認など、しなければいけないことは山ほどあります。
それらの行為を事前にリストアップして、順番にチェックしましょう。全てのチェックが終了し、問題がないことを確認したときこそ、喜びを存分に感じるべき時です。

注文住宅の基礎サイズはどれくらいなのかを確認

注文住宅を建てる時にはまず基礎を作らなければなりません。基礎とは家の土台の部分のことであり、ここから家が組みあがっていきます。
つまり、この基礎サイズが注文住宅のサイズを決めると言っても過言ではありません。しかしながら、この大きさがそのまま家の敷地面積を決めるかというと、あながちそうとも言えない部分があります。何故なら駐車場や庭など基礎サイズに含まれない部分もあるからです。
また、二階が付きだしている住居など一階と二階に違いがある住宅なども基礎との食い違いがあります。注文住宅の施工が始まると最初に行われるのが基礎工事であり、これは家が完成した後に修正するのが難しい部分となっています。
それゆえに非常に慎重に施工が実施される必要があります。長期優良住宅に指定されるような住宅であれば、基礎工事にはかなり時間をかけることになります。それは十年後二十年後に大きな意味を持つため、決しておろそかにしてはいけません。

八王子の注文住宅おすすめリンク

家づくりの根本から真摯に取り組む八王子の注文住宅

新着情報

◎2022/11/11

情報を更新しました。
>注文住宅でマイホームを建築するなら、基礎工事にもこだわりたい。
>注文住宅の基礎は高さを意識してからデザインを決める
>注文住宅を支える土台をつくる基礎工事とは
>注文住宅の完成を意味する引き渡しで喜ぶ前にするべきこと
>注文住宅の基礎サイズはどれくらいなのかを確認

◎2020/3/16

二世帯住宅は家族の話合いが大切
の情報を更新しました。

◎2020/1/22

建築士のいる地元工務店
の情報を更新しました。

◎2019/12/4

余裕を持ったスケジュールを
の情報を更新しました。

◎2019/9/26

注文住宅の施工期間
の情報を更新しました。

◎2019/7/24

駐車場付きの注文住宅
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「住宅 価格」
に関連するツイート
Twitter

無料会員メリット⑤ =========== 🌈不動産に特化した🌈  ✉メルマガが届く✉ =========== 最新🆕不動産ニュースから📰 最新🆕住宅ローン金利情報💴 今後のマンション価格考察など🏢 様々な内容でお届け中☺✨

住宅価格が「20%下落する」…! 世界で始まった「不動産大崩壊」の“ヤバすぎる現実”と、2023年に「大恐慌」と「デフレ地獄」がやってくる…!

ギリ狭小じゃないかもしれんけど、駐車場1.8台分取ったから建物は2.5階建てでごさる… 角地なので建築自体はクレーンで楽勝✨ 手軽な価格の狭小住宅、メリットとデメリットは?(ファイナンシャルフィールド)

9月ケース・シラー住宅価格指数|Yuji Takeuchi

大歓迎 土地は本来誰の物でもない 通信費とローンを払うために生きる人生? 昆虫かよ 住宅価格が「20%下落する」…! 世界で始まった「不動産大崩壊」の“ヤバすぎる現実”と、2023年に「大恐慌」と「デフレ地獄」がやってくる…!(現代ビジネス)